• 月. 6月 27th, 2022

22歳ハゲ、M字ハゲ、エム男(エムオ)薄毛克服・「薄くても大丈夫」???

22歳、M字ハゲ、エム男(エムオ)薄毛克服

22歳のM字ハゲ、エム男は大学3年生。

22歳で大学3年生。

そう、M字ハゲ、エム男は、1年浪人しているのである。

 

 

ハゲとは無縁のシゲオはエム男と先輩の家の壁を見ながら、

「ここにテレビが架けられるな。」

そのころ、市場には壁掛け出来る薄型テレビが登場して来た頃だ。

「薄くても大丈夫、ね。」

もちろん、テレビのことを言いながら

M字ハゲのエム男のことを茶化しているのだ

当のエム男も、薄毛の自分を自覚しているが

あんまり、気にならない。

 

「薄くても大丈夫。」

 

22歳のM字ハゲなら、適当に隠せるのである。

当時はM字ハゲなんて言葉は知らなかった。

 

その頃は、親父のようにハゲ出すなんて

思いもよらなかったのだ。

 

 

22歳ハゲ、M字ハゲ、エム男(エムオ)薄毛克服「M字ハゲにはプランテルがいい」

「M字ハゲにはプランテルがいい」

「M字ハゲを治したいならプランテル」

「プランテルはM字ハゲに特化している」

 

この根拠は?

公式通販をチェックしてみると、

 

 

M字薄毛負の連鎖を断つ!プランテル独自の3つのキワ攻めポイント、M字の悩みにはM字に特化した解決策を

1.M字にピンポイント! 抗生えギワソリューション

そこでプランテルが採用したのが独自の「抗M字ソリューション」。ヒオウギエキスが脱毛の原因である5αリダクターゼとテストステロンの結合を強力に抑制することでDHTの発生を阻止。従来の育毛剤ではアプローチできなかった、トラブルの根本的な原因を解決し、M字の後退を押し留めます。

2.ヘアサイクルを立て直す! 黄金比トリプル発毛促進構造

「抗M字ソリューション」でM字抜け毛の原因を断った次は、乱れたヘアサイクルの再生が必須。そこで、プランテルがこだわったのが、和漢成分を中心に配合した「黄金比トリプル発毛促進構造」。有効成分センブリエキスが発毛と、セファランチンが発毛を促進すると同時に、グリチルリチン酸2Kがフケ・かゆみを抑制。「育てる力」と「防ぐ力」で、乱れたM字のヘアサイクルを強力に立て直していきます。

3.薬用×4つの無添加で実感と肌へのやさしさを両立!

育毛剤に限らず強い効果をうたうアイテムは、合成保存料をはじめとする各種の添加物など長期間使いづつけると体に害をもたらしかねない成分を多く配合する傾向があります。しかし、プランテルは効果と同じくらい肌へのやさしさへも配慮。医薬部外品の効能を実感できながら肌にもやさしい、安心設計を実現しました。

出典:プランテル公式通販

 

 

色々書いてあったが、

1.ヒオウギエキスで5αリダクターゼの働きを阻止する

2.センブリエキス、セファランチン、リチルリチン酸2Kを配合

3.パラベン、合成着色料、鉱物油、香料を使用していない

 

これで、M字ハゲ対応できるのだろうか?

 

まず、ヒオウギエキスである。

ここに、ヒオウギエキス配合育毛剤比較ランキングがある。

 

 

ヒオウギはなぜAGA効果があるのか?

 

ヒオウギエキス(ヒオウギ抽出液)は5αリダクターゼの働きを抑制してくれる。

 

 

22歳、M字ハゲ、エム男(エムオ)薄毛克服「ヒオウギエキス(ヒオウギ抽出液)」

ヒオウギエキス(ヒオウギ抽出液)がどうやって、5αリダクターゼの働きを抑制してくれるのか?

もしくは、ヒオウギエキス(ヒオウギ抽出液)がどうやって、AGA(治療)効果があるのか?

まず、ヒオウギエキスのヒオウギは?

ヒオウギとは、日本では、北海道、本州中部以北に自生するアヤメ科の植物

このヒオウギの根から抽出したエキスには、

女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするイソフラボンが多く含まれている。

次に、AGAが脱毛を起こすサイクルを確認しよう。

 

AGAの内容(AGAによる脱毛にブレーキをかける)として、バイオテック公式サイトを引用すると、

脱毛にブレーキをかける
AGAの内容

脱毛ホルモンとして知られるDHTの抑制について
①男性ホルモン「テストステロン」が、毛乳頭細胞中に存在する②「5αリダクターゼ」という酵素の影響を受けることで、強力な脱毛ホルモン③「DHT=ジヒドロテストステロン」へと変化します。
このDHTに対する④アンドロゲンレセプターの感受性が遺伝すると言われており、遺伝的に⑤脱毛するリスクが高いか低いかが決まります。
バイオテックは長年の研究の末、脱毛のおおもとの原因となるDHTの生成を抑制する発毛理論とノウハウを手に入れました。脱毛にブレーキをかける事で、正常なヘアサイクルを取り戻し「発毛・育毛」をご実感頂けます。
注:①~⑤ ピカキチが記事本文の説明として入力した。

出典、参考図:
http://www.biotech.ne.jp/men_bio/theory/

 

 

さて、ヒオウギエキスは、

①男性ホルモン「テストステロン」が
②「5αリダクターゼ」という酵素の影響を受けると
③「DHT=ジヒドロテストステロン」へと変化
④アンドロゲンレセプターの感受性が遺伝する
⑤脱毛するリスク発生

このサイクルのどこを、ブロックするのか?

ヒオウギの根から抽出したエキスには、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするイソフラボンが多く含まれている。

この効果からすれば、①男性ホルモン「テストステロン」のスタートのところでAGAの薄毛ハゲ化を食い止めることができる。

しかしだ。

ここに、ヒオウギの根から抽出したエキスには、ストレートに

③「DHT=ジヒドロテストステロン」へと変化

これを、抑止する効果があるというのだ。

つまり、抗男性ホルモン(5α-リダクターゼ阻害)

コレが、その特許である。

ヒオウギ抽出物を含有するテストステロン5α−リダクターゼ阻害剤とその応用
(57)【要約】 (修正有)
【目的】新規で優れた効果を奏効するテストステロン5α−リダクターゼ阻害剤と、それを配合した美容に役立つ皮膚外用剤および頭髪化粧料を提供する。
【構成】アヤメ科植物ヒオウギから、水、低級アルコール、ポリオール系有機溶媒から選ばれる1種もしくは2種以上を用いて得られる抽出物を含有するテストステロン5α−リダクターゼ阻害剤とそれを配合したニキビ防止または治療用の皮膚外用剤ならびに頭髪用化粧料。
【効果】脂漏、尋常性ざそう、男性型禿症等の治療および防止

https://patentfield.com/patents/JP19930309859#biblio

 

 

これまでの「Ⅿ字ハゲ 育毛剤プランテル効果あるかどうか」調査のまとめ、

 

1.育毛剤プランテル公式通販での情報では、
1)ヒオウギエキスが脱毛の原因である5αリダクターゼとテストステロンの結合を強力に抑制する
2)有効成分センブリエキスとセファランチンが発毛、グリチルリチン酸2Kがフケ・かゆみを抑制
3)薬用×4つの無添加で実感と肌へのやさしさを両立

2.ヒオウギエキス配合育毛剤でお得なのは千円当たり、1位 育毛剤プランテル21.5ml、2位 育毛剤ポリピュアEX 17.6 ml、3位 育毛剤イクオス 17.6ml

3.ヒオウギエキスがテストステロン5α−リダクターゼ阻害剤で男性型禿症等の治療および防止に効果がある

4.M字以外の薄毛の悩みに対応できる分、M-1育毛ミストの方が汎用性が高いが、M字の薄毛の悩みならプランテルのほうがいい

5.ブブカよりプランテルを選んだ方がプランテルの方が安くなるし、ブブカのノズルタイプよりプランテルのスプレータイプは使いやすい

とりあえず、プランテルは、M字対応に効果ありそうで、ブブカ、M-1育毛ミストよりお得

6.M字ハゲには、頭皮マッサージも効果がありそう

ということで、

Ⅿ字ハゲのエムオの育毛回復には、育毛剤アプローチとすれば・・Ⅿ字ハゲ 育毛剤プランテルという発想はあまりにも単純であるが、Ⅿ字ハゲに育毛剤プランテルはお得で効果が見込めそうである。

 

 

22歳、M字ハゲ、エム男(エムオ)薄毛克服「似合うヘアースタイル」

22歳、M字ハゲ、エム男(エムオ)に似合うヘアースタイルを考えてみよう。

まずは、M字ハゲの食い込んでいるところを隠すために、

 

 

 

いまある髪の毛を長く伸ばす。

 

 

1.真ん中分け

M字ハゲの食い込んでいるところを隠すために、真ん中で分ける

 

1.7:3分け

サイドの髪の毛のあるところで分けるのであるが、サイドにそれなりの毛量があることが重要である。

ハゲが進行すると、この分け目がよりサイドに、より下になってしまうのである。

9:1分けなんかがそうである。

 

 

なにもしないでいると、22歳、M字ハゲのエム男の髪の毛はどうなるのか?

もしもあなたが、M字ハゲのエム男と同じ頭なら、こうなるでしょう。

おっと、ごめんなさい。

これはあくまでも一例です。

あくまで個人の結果です。

 

BEFORE: 22歳、M字ハゲのエム男の髪の毛

 

 

途中: 22歳、M字ハゲのエム男の髪の毛

離れコジマができるのだ!

これがまさに

M字型禿げ 末期

である。

ここでM字ハゲとはオサラバさ!

M字ハゲがなくなる!?

M字型禿げ 末期

では、悪化してさらに髪の毛が抜けるのだ。

 

AFTER: 22歳、M字ハゲのエム男の髪の毛

M字は消えてゆくのだ!!

 

 

どうだろうか。

余りにも、リアル過ぎるか?

 

 

書いていてちょっと、修正したい、なぜか。

 

 

 

22歳、M字ハゲ、エム男の生え際はいずこ?

 

その前に、M字ハゲ、エム男には、目がなかった。

 

これで、少しは、発毛・育毛の芽がでるのか?

 

もう少し大きく・・

 

 

一部の読者には、真一文字の 《 ― 》 が開くと思われただろうか?

実は、眉(まゆ)であったのだ。

これで、額の部分が広がった。

 

ところで、生え際と額の境目はどこだ?

額にシワをつくってみると

 

 

シワのできる部分が 額の部分

薄毛ハゲの諸君はご自分の額にシワを寄せてみるといい。

シワができる部分が額であり、それ以上のところは生え際がハゲた部分?

 

 

 

 

22歳、M字ハゲ、エム男(エムオ)薄毛克服「M字ハゲにはならない人たちの額」

M字ハゲにはならない人たちの額について観察してみよう。

 

22歳、M字ハゲ、エム男には、縁遠い人たちがいる。

絶対にM字ハゲにならない人たちがいる。

絶対には、語弊ではあるが、極めてハゲずらい人たちがいる。

遺伝子が、DNAが違うといえばそれまでだが、

何が違うのか観察してみたい。

 

さて、ここで日本人ではよく知られた人物2人に登場していただき、

M字ハゲの我われとどう違うか観察してみよう。

衆議院選挙でよく登場された。

 

Aさん

 

 

次に、ITでは、その他、多方面でお騒がせな方

Hさん

 

これらの人物の額をみると

よくわかるだろう。

極めて、額が狭い。

 

そして、額にできるシワを見ていただこう。

これが、ふつうの額の部分であろう。

 

 

M字ハゲの原因としてAGAは正しいか?

まず、M字ハゲは額(ひたい)の生え際で、両サイドの部分が切れ込んでいく。

言葉を変えてみると、M字ハゲは生え際で、両サイドの部分の髪の毛が薄くなる、髪の毛がハゲる。

AGA・・ これは、エージーエーと読みますね。

アガと読まれた方もいましたが。

これは、略語で、AndroGenetic Alopeciaの頭文字からとっています。

さてこれは英語だからこのままとせず、読んでみると、アンドロジェネティック・アロペシア

AndroGenetic (アンドロジェネティック)とは 雄性発生の、雄性生殖の という意味。つまり、男性の

AndroGenetic (アンドロジェネティック)を男性ホルモンの と訳している情報もありました。

Alopecia(アロペシア)とは脱毛症、ハゲ

ということで、AGAは男性型脱毛症、男性のハゲ、という意味になります。

AGAでつまずいて、先に進まなくなった。

ここで、なぜAGAがM字ハゲになるんだ。

ウィキペディアならすぐ出てきた。

「男性型脱毛症」という訳はむしろ「male-pattern baldness」に近いが、日本での通例としてこの訳を用いた)AGAの典型的な経過では脱毛はこめかみの上から始まり、生え際の後退により特徴的な「M字」パターンとなる。また、頭頂部の毛髪は細くなり、薄毛や禿髪となる。
女性の場合には「女性男性型脱毛症」(Female AGA, FAGA)と呼ばれる。男性のパターンとは異なり生え際のラインは変わらずに頭頂部・前頭部を中心に頭部全体の毛髪が細くなる。完全な禿髪になることは稀である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B7%E6%80%A7%E5%9E%8B%E8%84%B1%E6%AF%9B%E7%97%87

AGAの典型的な経過では脱毛はこめかみの上から始まり、生え際の後退により特徴的な「M字」パターンとなる。

これか!

M字ハゲの原因としてAGAは正しいってことか。

ほかの情報も似たり寄ったりである。

なぜ、こめかみから、始まるのか?

 

 

 

22歳、M字ハゲ、エム男(エムオ)薄毛克服「Ⅿ字ハゲ原因 血行不良、崖っぷちの額」

Ⅿ字ハゲ原因 血行不良、崖っぷちの額(ひたい、おでこ、でこっぱち)・・とはどういうことでしょうか。

これは、ピカキチの「育毛と植物比較理論」にも関連しています。

崖っぷちには、草木が生えいない。

崖っぷちには、十分な土、栄養がないので草木が生えません。

育毛は植物と比較すると、草木は髪の毛に当たります。

 

十分な栄養のない、でこっぱち、おでこ、ひたいの辺には十分な血流がありません。

髪の毛が生える栄養がないのです。

それで、Ⅿ字ハゲの原因として、血行不良、血流少ない崖っぷちの額(ひたい)といえるのではないでしょうか。

 

 

 

 

帽状腱膜、これは「ぼうじょうけんまく」と読みます。

 

どこにあるかといいますと、

頭のてっぺんから、後頭部にかけて存在している頭皮の線維状組織です。

皮下組織と頭蓋骨の間にある皮膚側の線維状組織です。

帽状腱膜には筋肉が存在していません。

 

 

この筋肉が、額をひっぱるために、血流が減少して、髪の毛の栄養が少なくなります。

よって、Ⅿ字ハゲの原因は、帽状腱膜といえるのです。

 

 

帽状腱膜(Galea Aponeurotica, Sehnenhaabe)という薄くて丈夫な腱膜(Sehnenhaut)が広がっている

http://www.anatomy.med.keio.ac.jp/funatoka/anatomy/Rauber-Kopsch/1-37.html

 

 

海外のサイトには、ハゲの原因は帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)の頭皮の引っ張りを匂わせる図がありました。

 

 

 

 

 

 

22歳、M字ハゲ、エム男(エムオ)薄毛克服「頭皮の引っ張りには頭皮マッサージ」

頭皮の引っ張りには頭皮マッサージか?、猫の頭か?

 

ハゲない理想の頭皮はネコの頭・・
↑育毛に効くマッサージありますか?
なぜ、猫なのか、おわかりになりますか?

 

 

 

①男性ホルモン「テストステロン」が、毛乳頭細胞中に存在する②「5αリダクターゼ」という酵素の影響を受けることで、強力な脱毛ホルモン③「DHT=ジヒドロテストステロン」へと変化します。

 

 

 

 

話題になっている5αリダクターゼでありますが、

5αリダクターゼには2つあります。

 

 

5αリダクターゼ 1型

側頭部後頭部皮脂腺

 

5αリダクターゼ 2型

前立腺前頭部から頭頂部毛乳頭

 

 

M字ハゲは、生え際つまり、前頭部にあたります。

 

ということで、M字ハゲの原因5αリダクターゼ2型(Ⅱ型5αリダクターゼ)となります。

 

5αリダクターゼと薄毛ハゲのサイトでは必ずといってよいほど登場する言葉です。

さて、5αリダクターゼといわれますが、

さて、リダクターゼって何でしょうか?

リダクターゼレダクターゼともいわれます。

 

日本語では、還元酵素といわれます。

 

還元酵素(かんげんこうそ、reductase)とは、酸化還元酵素の一種で分子状酸素以外の基質を電子受容体とする酵素である。レダクターゼとも呼ばれる。https://ja.wikipedia.org/wiki/還元酵素

さらに、

5αリダクターゼといわれますが、

3-オキソ-5α-ステロイド-4-デヒドロゲナーゼ

ともいわれるとあります。

少し長いです。

 

3-オキソ-5α-ステロイド-4-デヒドロゲナーゼ

 

3-オキソ-5α-ステロイド-4-デヒドロゲナーゼ(3-oxo-5-alpha-steroid 4-dehydrogenase)または5α-レダクターゼ(5α-reductase)はステロイドの代謝に関与する酵素の一つである。

男性ホルモンのテストステロンを、より強力なジヒドロテストステロンに変換する。

 

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/還元酵素

 

 

 

22歳、M字ハゲ、エム男(エムオ)薄毛克服「M字ハゲから回復するための対策」

さてさて、これまでで、

M字ハゲの原因のおおよそはわかってきました。

そろそろ

いかに、M字ハゲから回復するための対策を考えましょう。

M字ハゲから回復するための対策、一丁目一番地は何でしょうか?

 

男性ホルモンの抑制、減少、撲滅・・

 

 

一丁目一番地とは?

読み方:いっちょうめいちばんち「最優先課題」という意味で用いられることがある政治用語。従来は多義的な語だったが、2009年頃から民主党政権が「最優先課題」という意味で盛んに使用し、その意味が特に広まった。

 

 

男性ホルモンの抑制、減少、撲滅・・

 

さて、薄毛ハゲに悩む私たちのしなければならないこととは?

M字ハゲ回復のためには、何をしたらよいのでしょうか?

 

M字ハゲ回復のための対策として、男性ホルモンを減らそう!

 

薄毛の原因となっている男性ホルモンを減らしていくと、薄毛が改善されていく。

 

本当にそうなのでしょうか?

男性ホルモンを減らしたら、どうなるのでしょうか?

 

確かに、

男性ホルモン型脱毛症は、なくなっていくでしょうけど、

男性機能の低下

体毛の減少

筋肉の減少

性欲の減少

記憶力・集中力の低下

やる気の減少

などなど

 

男性ホルモンを減らしたら、困った副作用もでてきます。

だったら、女性ホルモンを・・というのも考えられますが、

女性らしい体つきになるなどの副作用がでますので、これも困ります。

 

そこで、

男性ホルモンのテストステロンを減らさずに、

薄毛ハゲをもたらす「ジヒドロテストステロン」に変換しない薬があれば・・

薄毛ハゲにはもってこいです。

 

そこで、フィナステリドやデュタステリドという医薬品で、

もしくは、同等の効果のある育毛剤・・・

 

 

****から抽出したエキスには、ストレートに

(①男性ホルモン「テストステロン」が)

③「DHT=ジヒドロテストステロン」へと変化

これを、抑止する効果があるというのだ。

 

 

などの男性ホルモンを維持しながらも、薄毛ハゲの予防・対策ができることが最も望ましいと考えられます。

 

 

 

 

薬物の副作用で20代から薄毛になった私はAGAプロペシア処方を試した

 

 

脱毛薄毛ハゲ必読、男性型脱毛症(AGA)対策にはミノキシジル同等育毛パワー、【M-034育毛エキス】記事特集

 

M字ハゲ回復対策で今回は、遺伝子

今さら、遺伝子、DNAです。

「M字ハゲ回復のためには、何をしたらよいのでしょうか?」のシリーズです。

さて、今度は、M字ハゲ回復のための対策として、遺伝。

遺伝とすれば、遺伝子のDNA、ハゲになる遺伝子DNA

また、ハゲになる遺伝子DNAといっても、今さら、ハゲになる遺伝子DNAで何をするのか。

すでに、ハゲになる遺伝子DNAとしての身体ができているので、ハゲになる遺伝子DNAに対しては不可避、無効力、なすすべはないはずです。

出来るとすれば、ハゲになる遺伝子DNAを原因としてのAGAの影響度の有り無しを見るぐらいではないでしょう。

それによって、どんな対策がM字ハゲ回復としてあるかのアイデアとなるのかわかります。

父方、母方の薄毛ハゲの状況は可能性としてであり、本当かどうかは遺伝子をチェックしなければ何とも言えないです。

今なら、遺伝子検査付きの育毛剤もあります。

 

 

遺伝子検査付きの育毛剤

 

 

 

AGAクリニックでも遺伝子検査ができます。

 

Q.遺伝子検査で何を調べるのでしょうか?

男性ホルモンの感受性(アンドロゲンレセプター)に関わる遺伝子を調べることで遺伝的にAGAを発症し易い体質かどうかをしらべることができます。
将来的なAGAの発症リスクとフィナステリドによる治療効果を予測することができます。
※男性の場合、CAGリピート数でフィナステリドの感受性をGGCリピート数でAGA発症リスクを判定します。
AGAの発症リスクが高い遺伝子をもつ場合でも、必ずAGAを発症するというわけではありません。遺伝による影響は約70~80%であり、さまざまな環境要因の影響も受けるといわれております。

 

 

 

☆続々追加予定☆

M字ハゲ回復の対策! 食生活を・・
M字ハゲ回復の対策! 生活習慣を・・
M字ハゲ回復の対策! ストレスを・・
M字ハゲ回復の対策! 頭皮環境を・・
M字ハゲ回復の対策! 運動を・・

 

,#22歳ハゲ,#M字ハゲ,#ハゲ男,#薄毛克服,#M字ハゲ回復

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

テキストのコピーはできません。