歴史の街仙台・観光の街仙台・伊達政宗・青葉まつり

もっと知りたい・楽しみたい 歴史の街仙台・観光の街仙台

歴史の街仙台・観光の街仙台
      青葉まつりのページ


歴史の街仙台・観光の街仙台>仙台のまつり>青葉まつり


青葉まつり

青葉まつりは仙台を代表する祭りの一つで、毎年5月の第3日曜日と、
その前日の2日間開催されます。

クライマックスは青葉神社神輿渡御(みこしとぎょ)を先頭に行われる、
武者行列で、すずめ踊り、豪華絢爛な山鉾が市街地を巡行します。

宵まつり、本まつりと2日間に亘り、すずめ踊りの軽快な囃子の音が、
初夏の杜の都を熱気につつみこみます。

青葉まつり
開催時期; 5月第3日曜日とその前日の2日間
会  場 ; 勾当台公園、定禅寺通りなど仙台市中心街
最寄り駅 ; 仙台市営地下鉄南北線・勾当台公園駅など


青葉まつりの起源は江戸時代に
遡ります。

江戸時代に仙台東照宮の祭礼で
仙台藩最大の祭り・仙台祭があり
ました。

その祭りは明治維新になって、
青葉神社の祭礼として伊達政宗の
命日(5月24日)に開催される青葉
祭に変わりました。

仙台・青葉まつりは、1985年(昭和
60年)、伊達政宗没後350年を迎え
過去の祭りを復活させ毎年5月の
第3日曜日と、その前日の2日間、
開催されることとなった祭りです。

土曜日の宵まつりはすずめ踊りの
コンテストを中心に開催され、一般
部門の「すずめ踊り大賞」、中学生
以下の「子すずめ踊り大賞」などの
表彰が行われます。



スポンサードリンク


一番町アーケード街;政宗公兜山鉾


仙台のすずめ踊りの起源は、仙台城移徒式(新築移転の儀式)の宴席で、泉州・堺(大阪府堺市)から釆ていた石工たちが、即興で披露した踊りにはじまるといわれています。

はね踊る姿が餌をついばむ雀の姿に似ていたことと伊達家の家紋が「竹に雀」であったことから「すずめ踊り」と名付けられたと伝えられています。

日曜日の本まつりは青葉神社神輿渡御を先頭に武者行列・すずめ踊り・山鉾巡行が開催されます。

巡行の前に、開催週の水曜日から山鉾が一番町のアーケード街に飾られれています。

山鉾のサイズはそれぞれ異なり、
全長は5.2〜6.2メートル、全高
6メートル前後、重量5.5〜8トン
となっています。


青葉まつりの写真画像のページへ



せんだいメディアテークにて



歴史の街仙台・
観光の街仙台
TOPページ


仙台の概要・由来・歴史

伊達62万石

名所・史跡・スポット

仙台のまつり
青葉まつり
仙台七夕まつり
みちのくYOSAKOIまつり
定禅寺ストリートジャズフェスティバル
SENDAI光のページェント
どんと祭(松焚祭)

仙台の街

仙台の公園

神社・仏閣

近郊都市

名産品・みやげ

仙台四郎

仙台弁のページ

リンク集
お買い物に便利
 ネットdeカタログ
  
通販快適生活

スポンサードリンク

歴史の街仙台・観光の街仙台TOPへ

Copyright (C)  All Rights Reserved