歴史の街仙台・観光の街仙台・仙台発祥・美味しい・牛タン・冷やし中華・笹かまぼこ

もっと知りたい・楽しみたい 歴史の街仙台・観光の街仙台

歴史の街仙台・観光の街仙台
      仙台発祥のページ


歴史の街仙台・観光の街仙台>仙台発祥

戦国の時代に政宗があつらえさせた伊達家の部隊の戦装束は非常に
絢爛豪華なもので、京都の人達が、その見事さに歓声を上げ、これ以来「伊達者(だてもの)」という言葉ができたように、東北の街仙台は、文化の発信地・発祥の地としても知られています。
とりわけ、美味しい食文化の発信基地としても有名です。
このページは、主な仙台発祥の品々をご紹介いたします。

【牛タン】
     太平洋戦争後、仙台に進駐したGHQが大量に牛肉を消費し、タンと
     テールが残りました。
太助 本店
 
 1948年(昭和23年)、仙台の焼き鳥店「太助」初代店主・
 佐野啓四郎が、この残った タンとテールを有効に活用
 するために、牛タン焼きの専門店を開業したことが「仙台
 牛タン」の始まりとされています。
 その後、牛タンが全国的に広まったと言われています。

 仙台の食の定番となっている牛タンは、店によって
      塩味や味噌味などの牛タンが楽しめます。
                       商品のページへ

スポンサードリンク


【冷やし中華】
     1937年(昭和12年)中華料理店の会合で、夏の売り上げ低下の解決法、
     及び、仙台七夕の目玉商品の開発について話し合われ、組合長の龍亭
     店主を中心に、龍亭閉店後の深夜に集まってざるそばを元に新しい商品
     開発を行い人気メニューとなりました。

     太平洋戦争中は姿を消し、戦後、現在の冷やし中華の形になりました。
     昭和35年には大久麺工業が家庭用パックを発売し全国へ広まりました。
     全日本冷し中華愛好会 は仙台の龍亭を発祥と認定しています。

【笹かまぼこ】
     明治の初め、豊漁だったひらめの利用と保存のために、すり身にして
     手の平でたたいて焼いたのが始まりといわれています。
     その形状から、はじめは「手のひらかまぼこ」「木の葉かまぼこ」「平かま
     ぼこ」「ベロかまぼこ」などと呼ばれていました。

     1935年(昭和10年)仙台市一番町に創業した阿部蒲鉾において、旧仙台
     藩主伊達家の家紋「竹に雀」のモチーフである 仙台笹にちなみ「笹かま
     ぼこ」と呼ぶようになってから、旧仙台藩地域で次第に名称が統一された
     といわれています。

     主な原料はキチジやスケトウダラ、タイなどです。
     高タンパクかつ低カロリーで、飽きをこさせないあっさりとした味わいが
     魅力です。
     今はスモークしたものやチーズや牛タンを入れたものなどバラエティも
     豊富です。
                                     商品のページへ
歴史の街仙台・
観光の街仙台
TOPページ


仙台の概要・由来・歴史

伊達62万石

名所・史跡・スポット

仙台のまつり

仙台の街

仙台の公園

神社・仏閣

近郊都市

名産品・みやげ
仙台発祥と歴史
牛タン
笹かまぼこ
ずんだ
仙台味噌
長なす漬
宮城の地酒

仙台四郎

仙台弁のページ

リンク集
お買い物に便利
 ネットdeカタログ
  
通販快適生活

スポンサードリンク

前へ;仙台市の概要

歴史の街仙台・観光の街仙台TOPへ

次へ;伊達政宗

Copyright (C)  All Rights Reserved