歴史の街仙台・観光の街仙台・仙台四郎・福の神

もっと知りたい・楽しみたい 歴史の街仙台・観光の街仙台

歴史の街仙台・観光の街仙台
      仙台四郎のページ


歴史の街仙台・観光の街仙台>仙台四郎

仙台の福の神として知られている仙台四郎は、江戸時代末から
明治時代に仙台に実在した人物で、本名は芳賀四郎といわれています。
このページは、仙台の福の神・仙台四郎に関してお伝えいたします。

仙台四郎は話すことができない知的障害者でしたが、四郎が訪れる店は繁盛
するとして生存中から各地でもてなされた。

今では、商売繁盛の福の神として人気が高く写真等仙台四郎グッズが飾られる
ようになりました。

スポンサードリンク

7歳までは、健康で聡明な子供だったのですが、7歳の花火見物の時に、誤って
広瀬川に転落して溺れ、意識不明の状況が1週間も続きました。

そのことが原因で、知能障害となったと伝えられています。

その後、市内を歩き回っては人に金品をもらったりしていましたが、人に危害を
与えることもなく、子供が好きで、いつもニコニコと機嫌よく笑っていたと
いわれています。

仙台四郎が立ち廻る店は必ず繁盛するとされたため、どこでも無料でもてなされ
ました。

四郎は素直な性質であったが、気に入らない店には誘われても決して行かな
かったといわれています。

仙台四郎の写真が一種類だけ残っていて、明治時代にも焼きまわしで販売
されていました。

大正の初め頃、仙台市内の千葉写真館が「明治福の神(仙台四郎君)」と
銘打ってこの写真を絵葉書に印刷し売り出したときから「仙台四郎」と
呼ばれるようになりました。

撮影された写真のほか、肖像画家による作品が2つと、鉛筆画が4つあり、
それぞれの複製の段階で細部の違いもできたりしたため、さらに幾つかの
版があります。


歴史の街仙台・
観光の街仙台
TOPページ


仙台の概要・由来・歴史

伊達62万石

名所・史跡・スポット

仙台のまつり

仙台の街

仙台の公園

神社・仏閣

近郊都市

名産品・みやげ

仙台四郎

仙台弁のページ

リンク集
お買い物に便利
 ネットdeカタログ
  
通販快適生活

スポンサードリンク

前へ;三御湯・秋保温泉

歴史の街仙台・観光の街仙台TOPへ

次へ;名産品・みやげ

Copyright (C)  All Rights Reserved